キャラクター紹介:リリウム

ニューマン。全クラス80。百合。

小さい。

キャラクター性: 理知的。
特性:ダーカー狙い。
特殊補正:オンナ好き。というかマトイの事が好き。

脳内設定

アークス候補生時代には一つ年上のロータスを慕っていた。
正式にアークスとなった時にはフォースであったが、紆余曲折を経てハンターとして活動している。
EP1期間中にアークスシップの襲撃を受けてロータスが行方不明。この頃からダーカーを滅ぼすことに執着するようになる。
EP1~3を経験し、マトイの事をパートナーと想うようになった。

幼少期

元アークスの父は自身の限界に気付き早々に引退。その後下部組織の警備機構に席を置いていた。
母親はアークスシップ内でナベリウスに自生する植物研究の関連ラボで研究従事者。
お世辞にも両親はエリートとは言えない職であった。
その後、アークスシップがダークファルス【若人】の襲撃を受け、これに巻き込まれる形で両親は他界する。
当時のオラクル行政府は壊滅的な打撃を受けたアークスの早期再編をするために、戦災孤児をアークス訓練学校の下部組織の孤児院兼ボーイ(ガール)スカウトを設立。リリウムもその一員となった。
そこで四人で一班の共同生活が始まった。集まった経緯はそれぞれバラバラであったが、全員が植物由来の名前であったことから、班名はガーデンと命名され、周囲からはガーデン姉妹とのニックネームが付けられた。

訓練校下部組織時代

リリウムは当時は自身がニューマンであることから、フォースとしてアークスになりたいという固定観念を持っていた。第3世代としては他の道も可能であったのだが、当時はフォースになることが自然だと思っていた。
幸いにも種族特性からフォースになること自体は問題がなかったため、訓練課程で優秀な成績を残すことに成功。難関と言われるアークス訓練校への入学が認められた。

アークス訓練校時代

ここでもそれなりに優秀な成績を残したが、上位争いをするほどではなく優と良を行き来する程度であった。ともあれ無事に座学などは終え、最終試験として惑星ナベリウスでの実地試験へと赴くことになる。

そして本編へ。

[collapse]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA